小学生にスマホを持たせるため前に考えること

小学生でもスマホを持っている子供が増えてきましたね。

もし自分の子供にスマホを持たせるとしたら、皆さんは家庭内でルールを決めますか?

スマホを持たせる前に家庭内で決めておいた方が良いルールについて大切なポイントを見ていきましょう。

スマホや親が契約していることを理解させる

子供に持たせるといってもスマホのお金を払うのはパパ・ママです。

つまり子供の持ち物ではなく、あくまで「親から借りている物」という意識を子供に持たせることが大切です。

 

スマホを契約する前に「〇〇ちゃんに貸してあげるだけだから、勝手なことをしたらいけないんだよ」ということをしっかりと話をして、スマホは自由に使っていいものではないことをまずは理解してもらいましょう。

使用時間のルールを決める

他のゲームやテレビと同じ様にスマホも使っていい時間(見ていい時間)を決めておきましょう。

「触っていいのは〇時まで」

「〇時を過ぎたらパパ・ママに返す」

など、しっかりとした時間を決めておくことがポイントです。

 

ずっと自分の手元に置いておくと夜中に部屋の中でこっそりゲームをしてしまう可能性は高いです。特に夜の時間は子供が触れないようにしておいて、お友達にも「〇時以降は連絡が取れない」と伝えてもらっておく方がお友達とのトラブルも起こりにくいです。

ロック機能は勝手にいじらない約束をさせる

多くの人がスマホのロック機能を使っています。

もちろん子供に使わせる時にもロック機能を設定しますが、「勝手にロックを変更してパパやママが見られないようにしたらダメだよ」ということを伝えましょう。

 

もちろんお子さんにもプライベートはありますし、親に見られたくないこともラインなどでお友達と話すかもしれません。

でも、これを親が見られない状態にしておくことはあまり良い事ではありません。

 

子供のネットでのトラブルはとにかく多いです。それを防ぐためには親が時々チェックしていないと、知らない間に危険なところに脚を踏み入れてしまうことも考えられます。

 

「メールやLINEも時々見るからね。」というルールを守れないのであれば、スマホは持たせない方がいいかもしれません。

勝手にアプリをダウンロードしない

ゲームやアプリ上での課金トラブルは大人でも子供でも起こりえることです。

特に子供は「よくわからないけど面白そう」といろいろなゲームを触ってうっかり危ないサイトに行ってしまうということが多く、親がしっかり管理しておかないと大きなトラブルに巻き込まれることも出てきます。

 

新しいアプリをダウンロードする時には必ずパパ・ママが確認をしたうえで行う、というルールも決めておいた方が問題が起きた時にも対処がしやすいですよ。

最近ではiPadで学習することも増えてきているので、アプリの取り扱いについてはしっかり教えてあげる事が大事です。

 

なお子供の学習教材については、以下のサイトが参考になりますよ。私もこちらのブログで子供のお勉強を決めました。

 

https://chiiku-baby.com/

 

まとめhttps://chiiku-baby.com/

スマホは持っていた方が便利ですが、小学生にはまだまだスマホの危険な部分がよくわかっていません。

持たせる時にはしっかりと家庭内で「やってはいけないこと」を決めて、子供を守ってあげることも親にとっては大事なことですね。

 

 

赤ちゃんの歯ブラシデビュー 楽しく始める初めての歯はみがき

離乳食を始めると赤ちゃんのお口の中の状態も気になってきますね。

赤ちゃんの歯ブラシデビューって「赤ちゃんが歯ブラシを嫌がったらどうしよう・・・。」と悩んでしまうところでもありました。

でも、そうならないために我が家でやっていた歯ブラシデビューへのお話を書いてみたいと思います。


赤ちゃんの歯が生えはじめるのはいつ頃?

赤ちゃんの歯が生えはじめてくるのはだいたい生後7~8ケ月頃です。

中には生まれた時に既に歯が生えているという子もいるようですが、母子手帳などには一般的に7~8ケ月頃になると乳歯が生えてくると書いてあります。

 

もちろんこれはあくまで「一般的」な話であって、全員が8ケ月頃に乳歯が生えてくるというわけではありません。

 

身体の成長の早い・遅いがあるように、歯の生えてくる時期にも早い・遅いがあるのは当たり前のこと。

 

離乳食が始まると食事の進みや歯の話題がママさんたちの間で活発になりますが、「うちはうちでOK」と割り切って自然に歯が生えてくるのを待ちましょう。

 

心配しなくて大丈夫。遅い子でも1歳になればしっかり歯が生えてきますよ。

 

赤ちゃん自身も歯が生えてくるのを気が付いている?

歯が生え始める頃になると、赤ちゃん自身も自分の口の中の違和感に気づき始めます。

自分の指を食べる。

 

歯肉がむずむずしてきてよだれがたくさん出てくる。

口の中がなんとなく気持ち悪くて泣く。

気が付くと口の中を触っているような行動を見せるようになってきます。

 

「なんだか機嫌が悪いみたいだけど何が原因かな?」とすぐには気が付かないかもしれませんが、よくよく見てみると赤ちゃんの動きで「そろそろ歯が生えてきたかな??」というのがわかってくるかもしれません。

 

この時期になると、赤ちゃんはいろいろな物を口に入れたりなめたりしていますので、そろそろゴム製の歯ブラシ型のおもちゃを用意して歯磨きごっこを始めてみましょう。

ゴムのような素材で出来たおもちゃだったら、赤ちゃんも楽しんでカミカミしてくれるので、自然と歯ブラシのスタートへと進めますよ。

 

いよいよ赤ちゃんの歯ブラシデビュー

赤ちゃんのかわいい歯が見えてきたらいよいよ歯ブラシデビューの時です!

歯ブラシ型のおもちゃである程度慣れている赤ちゃんは、本物の歯ブラシを口に入れても拒絶するパターンは少ないです。

 

いきなり歯ブラシでゴシゴシをスタートするのではなく、まずはガーゼで口の中をきれいに拭いてから歯ブラシでさっと仕上げ磨きをする程度から始めてみましょう。

 

パパ・ママのお膝の上に赤ちゃんをゴロンと寝かせて「お口の中をコチョコチョするよ~」という遊びの延長の間隔で始めてみてもいいですね。

 

無理やり押させつけたり痛くしたりすると赤ちゃんは嫌がります。

「歯磨きは怖いもの、痛いもの」というイメージを赤ちゃんに抱かせないように、笑顔で優しくそっと歯磨きをしてあげましょう。

指サック形のものや柔らかい歯ブラシ、ゴムの歯ブラシなどいろいろな種類がありますので、用意して赤ちゃんの様子を見ながらいろいろ試してみるのもいいかもしれません。

なによりも一番大事なことは、赤ちゃんが嫌がらないこと!

赤ちゃんが嬉しそうに歯磨きを受け入れてくれるように、パパやママも笑顔で歯磨きをすすめていきましょうね。

 

最後に 歯ブラシも焦らず楽しんで

小さな小さな赤ちゃんの歯。

 

この先何十年と使っていく歯ですから、出来る限り虫歯にはしたくないものです。

歯を大切にすることは心と身体の健康にもつながります。

難しく考えず、まずは赤ちゃんと一緒に楽しむ気持ちで歯磨きも頑張っていきましょう。

 

初めての赤ちゃん レンタルでもいいベビー用品ってどんなもの?

初めての出産を控えての出産準備。ベビー用品を揃えるって本当に楽しいですね。

みなさんは、初めての赤ちゃんのためのベビー用品はあれもこれもそれえたくなりますが、いざ育児を始めてみると「うちの子にはいらなかった!」となるものも出てきます。

買って後悔しないためにも、購入するものとレンタルでもいいベビー用品をまとめてみました。

 

初めての赤ちゃんに 絶対購入するべきベビー用品

妊婦さん向けの雑誌や雑誌産婦人科でもらった資料やなどにも出産前にそろえた方がベビーグッズがたくさん載っていますね。

でも、全部を揃えなければいけない、というわけではありません。

 

いろいろあるベビーグッズの中で絶対に購入するべきベビー用品は・・・

・肌着(短肌着は一年中必須ですが、夏場は長肌着はなくてもOK)

ロンパース(肌着の上に着せるベビー服。産後3か月位まではあまり外出しないので新生児用を買いすぎると使わないことも出てくるので要注意)

・大判バスタオル(身体を拭くだけではなく、お風呂上りにおくるみの代わりに使ったりタオルケットのかわりとしても使えます)

・新生児用おむつ(まずは2袋あればOK。新生児用は1か月位しか使わないので買いすぎないのが◎)

・ガーゼ(授乳や沐浴夏場は汗取りとしても重宝します)

・泡タイプのベビーソープ(手軽に洗えるように初めは泡タイプがおすすめです)

 

他にも、ベビー用爪切り、綿棒、ベビーオイルなど。

 

絶対に購入するべきものはほとんどが消耗品と洋服関係です。

洋服は第2子や第3子も考えている方はクリーム色や水色などの中間色を選ぶことをおすすめします。 

 

初めての赤ちゃんにレンタルでもよいベビー用品

初めての赤ちゃんだから新しくてキレイなものを揃えてあげたい!

と思う気持ちはとってもよくわかります。

 

でも、あれもこれもと揃えていくとあっという間に数十万円の出費になってしまうのが、ベビー用品。

買ってみて「意外と使わなかったかも・・・」とならないためにも、大きなものはまずはレンタルで様子を見てみることも考えましょう。

 

先輩ママ達がベビーグッズの中でレンタルしているベビー用品は・・・

・バウンザー(生後3か月から使えますが、苦手な赤ちゃんもいますので、急いで買わなくてもOK)

・ベビースケール(生後すぐから使えますが、大人と一緒に体重計に乗ればだいたいの体重が分かるので実際に使うのは3~4か月程度です)

・お宮参り用ドレス(写真を撮る時やお宮参りにしか使わないので、レンタルした方がお得な場合もあります)

・ベビーバス(生後すぐから1歳くらいまで使えますが、場所をとるという大きなデメリットもあります。1か月検診を過ぎれば大人と一緒にお風呂に入れるので、1~2か月だけレンタルするという手もありです)

・ベビーベッド(生後すぐから2歳くらいまで使えるものもありますが、ご家庭によっては直ぐに使わなくなる場合もあります)

・電動ベビーラック(お値段が高い上に使える時期が意外と短いので、どうしても使いたい場合は絶対にレンタルをおすすめします)

 

その他にもベビーサークルやベビー布団もレンタルしたというママ達も多いです。

 

次の子のためにとっておきたい!と思っても限られた収納スペースを考えたら、レンタルの方が結果的にお得、ということもあるので大きなものは購入前に収納と使用期間もしっかり考えてから購入しましょう。

 

まとめ

初めての赤ちゃんのためにありったけの愛情を注いであげたい!というパパ・ママの気持ちは、レンタルだって購入品だって変わりません。

レンタルも上手に使って、かわいい赤ちゃんを大事に育てていきましょうね。

赤ちゃんにオススメの絵本と絵本よみきかせ

今回は、生後半年くらいの赤ちゃんから読み聞かせできる絵本を紹介します。

 

新米ママパパは絵本選びも「どれを選べば…」と迷ってしまいますよね。絵本はカラー刷りで、中の紙や表紙も子どもが扱えるようしっかりとした作りになっているため、小説などと比較すると割と高額です。

なので、せっかく家に置くのなら、良書を選びたいですよね。

 

子どもの頃から馴染みのあるベストセラーを選ぶと間違いない

 

新しい絵本作家さんにも、素敵な絵本を描く方はたくさんいます。しかし、残念ながらそうではない方もいるので、まずはベストセラーを選びます。

 

例えば「はらぺこあおむし」のエリックカール、

「いないいないばあ」「のせてのせて」「もうねんね」などの赤ちゃん絵本をたくさん描いてらっしゃる、松谷みよ子さん、

「おつきさまこんばんは」「くつくつあるけ」などの林明子さん、

「だるまさんが」シリーズのかがくいひろしさん、

「じゃあじゃあびりびり」などの、まついのりこさん

長い間親しまれている絵本作家さんの作品は子どもも好きですし、日本語も美しくて子どもに読み聞かせするのに最適だと思いますよ。

 

まずは「いないいないばあ」

 

先程出てきた松谷みよ子さんの「いないいないばあ」は、絵が優しく言葉も綺麗で大好きです。

もうひとつ、木村裕一さんの「いないいないばああそび」も、子どもが大好きでよく見ていました。

木村裕一さんの絵本はしかけ絵本がシリーズでたくさん出ていますので、チェックしてみてください。

 

"いないいないばあ"は、赤ちゃんのこころの発達には欠かせない"ものの永続性"というものと繋がっています。赤ちゃんは最初は、目の前から消えたものはが「無くなった」と認識して探したりしません。

 

それがだんだん脳の発達とともに、「さっきあった場所にあるはずだ」と、見えないものをイメージできるようになってきます。そして、「いないいなーい」と隠れた顔が、「出てくる」という予測がだんだん立って来るのです。

 

最初はおうちの人や身近な人が「いないいないばぁ!」と遊んであげるうちに、だんだんわかってきます。そうするうちに、「いないいないばあ」の絵本もワクワクした気持ちで見るようになるのです。

新米ママパパほど「うたえほん」を選ぶことで読み聞かせしやすい

「絵本の読み聞かせって、テンション上げて読まないといけないんでしょ?」「保育士さんみたいにはできない」と思うおうちの人、多いと思います。

うた絵本と言って、昔から馴染みのある童謡を絵本にしたものが売っています。

 

たとえば「どんないろがすき」(♪どんないろーがすき?あか!あかいいろーがすき)や、「あぶくたった」(♪あーぶくたった にえたった にえたかどうだかたべてみよ)、「おばけなんてないさ」(♪おばけなんてなーいさ おばけなんてうーそさ)などなど色々売っています。

歌いながらページをめくるだけなので、オススメです。

 

絵本はおもちゃとは違うので、好き放題に触って破ることはせず、大切に扱う

 

最後に、おもちゃは割と自由に使って自主性や想像力を育てることも大事かなーと思いますが、絵本は投げたり、踏んだり、破いたり、落書きしたりはしないよう大人が持って子どもを膝に抱いて読んだり、最初はハードブック(厚紙でできた赤ちゃん用の絵本)なら与えるようにしましょうね。

 

家で1人のママのことはなかなか見えない

家で子育てしている時間て、孤独ですよね。特に新生児期なんて精神的に不安定になりやすく体調も戻らず、産後うつになる人も多い。自分のことを振り返りながら書いていきますね。

発信しない孤独な人のことは見えにくい

当たり前だけれど、家の中で一人で頑張っている人は沢山いるけれど、ほとんどの人は外にその声を発信してはいないので周りには伝わりにくい。

旦那さん、親、義親など近くの人が理解してくれれば楽になるだろうけれど、それでもやはり現在も「お母さんじゃなきゃ」みたいに言う人は多い。

 

赤ちゃん、子どもが体調崩したり泣き止まなかったりした時も、お母さんのせいにされがちだし、されなくってもそう感じやすい。自分だけじゃないけど、自分だけ…なんで赤ちゃんのこと可愛いと思えないんだろうとか、なんでこんなにしんどいんだろうとか、思うのは悪いことじゃない。

保健師さんの訪問で辛いことは吐き出して

産後1ヶ月くらいで、市や区の保健師さんの訪問がある。私はその少し前まで来ていた実母と上手くいかなかったり、夫やその親戚とうまくいかなかったり、産後の体調がすごく悪かったり、割と精神的にしんどかった。

 

でも、「虐待する母親」だと思われたくなくて、大丈夫ですと何も言わずに終わってしまった。

もっと相談に乗ってもらえば良かったなぁと今なら思う。

なぜなら、相談すれば公的に色々とサポートするサービスもあるというのを後から知ったから。

救いになったのはSNS

妊娠する前から使っていたTwitter、妊娠中にふと、赤ちゃんが産まれる予定月が同じ人と相互にフォローする機会があり、その方からまた別の方…と、誕生日が近い人同士で繋がっていった。

 

その人たちと7年経っても繋がりがあり(中には途中で繋がりが途絶えてしまった人もいるけど)、妊娠中の体調不良だったり、さっきの産後の不安とか、夜中に起きて授乳して眠れなくなった時に夜中やりとりして励まし合ったり、子どもが離乳食食べず悩んだ時とか、子育てに役立つアイテム紹介し合ったりとか、ほんとに助けられてここまで来た。リアルな友達とは違うけど、お手紙のやりとりしたり実際会った人もいたり、InstagramとかLINEとかの別の繋がりができたり、洋服のお下がり送ってもらったり。

危ない面もあるSNSだけど、なかなかリアルな友達だと毎回毎回連絡送りにくかったりもあるから、自由なタイミングで発信できるTwitterは私にとっては救いになった。

もっと安く利用できる産後サービスがあればな

最近、産後母子で利用できる産後ケアセンター(宿泊施設)はあるものの、1泊で4万円以上…とサービスやお部屋はホテル並みで豪華なんだけど、そうじゃなくて母子家庭とか実家が遠いけどそこまでお金がかけられない人とかにも利用できるサービス(家庭に訪問してくれるものもありますが)普及したら良いのにと思う。

うちは義母も実母も交代で来てはくれたけれども、義母はその後体調崩してしまったし…。

シッターさんや家事の補助など、可能なら検討して良いと思う。2人目3人目の出産の方はなおさら。

 

とにかく、産前産後は身体も心もいたわる必要がある。見えないところで頑張ってるママ、無理をせず助けを求めていいと思う。

 

トイレトレーニングについて

トイレトレーニングって、面倒くさい上に保育園や幼稚園に入るまでにやった方が良いのかとか色々難しい。

しかも、子どものイヤイヤ!!と重なり理想通りにはいかない…。

トイレトレーニングで起こりやすい悩みについて書いていきます。

 布オムツの話

昔は(今も昔ながらの保育園とかでは使ってると思います!)赤ちゃんの頃から布オムツを使って、赤ちゃんがオムツが濡れたことに気付いて泣く→オムツを交換していました。実は私も産休中は紙オムツの節約のために、家にいる時間は布オムツ使ってましたー。

 

だんだんお散歩に行く時間が増えたり、ウンチの量が増えたり、お昼寝の時間が長くなったりしてからは紙オムツに切り替えましたが。

今はほとんど使う人いないのかなー。

 

今は防水になってる布オムツカバーもあるので、興味があったら紙オムツと兼用で使ってみてもいいかも?

 

まぁ、洗って干してと面倒ではありますけどね😅

いつからトイレトレーニングする?

トイレトレーニングをするタイミング、まずはオマルとか補助便座とかに子どもが嫌がらず座るようになったら…です。

 

オシッコが出るかどうかよりも、座る感じに慣れることが最初の段階です。

 

トイレが冷たくて嫌がる子や、穴があいてるので恐がる子もいますので、無理をしないこと。

一度無理矢理やっちゃうと、嫌がって結果的にかなり遅くなるという場合があるので。

周りの子と比べずに無理しないことです。

一日どのタイミングでトイレに行けば良いの?

とにかくまずは、朝とか寝る前とかのタイミングで座る。

少しずつ慣れたらオムツ交換のタイミングで座る。

 

オムツに出てない時があったら、少し座る時間を長くして出るかどうか試してみる。

おまる?補助便座?

家の広さとか色々あると思うから、どっちでも良いけど、家のトイレの便座の部分って微妙ーーーにズレません?

 

ガタガタとズレると恐がる子がいるので、そこは気をつけましょう。あと補助便座無しは危ないから絶対だめ。

 

おまるなら足が地面に着くからいいけど、補助便座の場合は足がつかなくて不安定になるから、トイレ専用の足置きを買うか、自作でも出来なくはないので色々探してみて、とにかく両足がちゃんと着くようにしてあげることで、お腹に力を入れてふんばる事がしやすい&こわさがかなり減ると思います。

子どもが嫌がる

嫌がる時は、しばらくやめる。

嫌がる原因がどこにあるのか?観察して考える。

 

こわいのか?便座の感覚が嫌なのか?単にその時は座りたくないのか?

無理やり座らせてもトイレトレーニングは進みません。

周りの子より遅い

結局オムツが外れるのは、ちゃんとおしっこを貯める機能が出来ないと難しいです。

身体の機能の発達は人それぞれ。だから比べないことです。

 

身体が出来るのと、あとは本人の気持ちが向くのを待っても大丈夫。

無理して短時間に何回もトイレに連れて行ってると、なかなかお腹にためられなくなっちゃうかもしれません。

 

おしっこは良いけどウンチはオムツじゃないと嫌って子はいます。

ほんと、子どもによって違うんです。

 

周りの子と比べても仕方ないけど、本当に悩んだら保育園や幼稚園の先生とか、区役所の保健師さんとか小児科医とか専門家に相談した方がいいかも。

 

時々、入園までにオムツ外してきてください!とか言われる事あるけど…

難しい場合は相談して、子どものペースで進められると良いですよね。

ママにとって100均は宝箱

母親になるまでも、100均やスリーコインズにはお世話になってはいたものの、なってからはその比ではないです。行くと何かしら買ってしまう…無駄遣いも正直あるけど、便利グッズの宝箱!

今まで役立ったものをご紹介します。

とりあえず食器は100均でいい

友達から出産祝いにブランドのベビー用食器貰って、最初はめちゃくちゃ使ってオシャレな感じにしてたんだけども、手づかみ食べを始めてからは、全部100均にした…。(友達ごめん)

なぜなら、皿ごと投げる、食べようとしたらひっくり返るのオンパレードですよ、毎日。

なので、しばらく落ち着いて食べられるようになるまでは、大きさとか形をいくつか100均で揃えて、落としても色んな意味で(物理的にも精神的にも)大丈夫なようにしてました。

保育園用のエプロンとタオルは100均

保育園の食事エプロンとタオル、軽く洗ってはくれますが臭いとかは取れてはなくて、ハッキリ言って雑菌だらけで戻ってきます。

毎日ちゃんと洗濯しても、やっぱりしばらくすると変色したりカビてきちゃうんです。仕方ない。

だから、保育園用のは100均で十分。

同じデザインのものを何枚も買って持って行くことで、だんだん自分のものがわかるようになるのもポイント!

あとは、汚れたら交換出来る様に買える時に同じものをストックしとくといいと思います。

ご飯入れてフリフリしたらミニおにぎり作れるやつ最高

これ、ほんとオススメ!一口サイズのおにぎりをラップで作ろうとするとめちゃくちゃストレス…

ごはんを入れてフリフリするだけで一口サイズのおにぎりが3つくらい出来る。

周りにふりかけかけたり、最初にごはんに混ぜておいたりするのも喜ぶ。

手づかみ食べを始めたばっかりの子も持ちやすくて良いよ。

朝ごはんにもパクパク食べてたなぁー。

離乳食の作り置きに大きめの製氷皿めっちゃ使った

これもかなりお世話になりました。食べる量が少しの離乳食初期、中期の頃、野菜とかおかゆとかササミとか、色々作って凍らせてた。

食べる時に1キューブをチンすればすぐ食べられるから、日曜日にまとめて作っておけば平日かなり楽。

忙しくて平日作る時間なかったし、お腹すいて泣く前にあげられるからほんと良かった。

シールと塗り絵とおえかき帳は何度買ったかわからない

行くたびに好きなシール選んで買ってました。それにプラスでいくつか買っておいて、雨の日とか体調崩して家から出られない時によく使ってたなー。

シール貼りは指先の機能を高めるためにも1歳代からオススメです。

お絵かき帳ももう30冊くらいは買ったんじゃないか?というくらい買いました。毎回買う時は5冊くらいまとめて。なぜなら1週間で2〜3冊使うくらいのスピードで描きまくる時期とかもあったから。

「自分を表現する方法は多く持ってた方が生きやすい」と思って育ててるので、お絵かき好きになって嬉しいです。

 

他にも色々便利グッズが売ってて、Instagramで紹介されてたやつとか、ついつい買っちゃう。

あとは子どもの工作に使うものとかは、よく100均で買います。ほんと、子育てママに優しい。

書いてたら、また行きたくなりましたー!